« 23時発 有機野菜の会 | トップページ | 蓮の涙がおちるとき »

2007年4月27日 (金)

地中美術館→ベネッセハウス(@直島)

実は忘れないようにすこしづつ記事を書いてました・・・
直島編です=

本村を離れて地中美術館の方へ。
地中美術館は素晴らしかったです。
(写真が一切禁止なのです。。;)

また行く。 うん、行くぞ。
作品の為の建築。

6948

すべてが静かに調和し、アートを堪能できます。
その場にいる自分の五感すべてが喜ぶ。
素晴らしい美術館であり、作品でした。

美術館近くにね 『三島喜美代 「もうひとつの再生」』

すごーでかー
実寸です。不意に現れます。

6891

お目当てだった蔡國強 「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」
奇岩に囲まれた、ジャグジー

瀬戸内海に臨む直島でもっとも「気」が集中する場所

6900

夕暮れ時、ちょぴっと雨が降っていて相棒は
「どんな罰ゲームやねんっ!!」と叫んでいました。

これがそのときの写真。

6750_2

気 と 直島の風 と アート と 人 との混浴。

とても贅沢なひととき。体感できて大満足☆
そしてホテルへチェックイン→

(お部屋も蔡國強氏が手がけたお部屋なのですっ。)

|

« 23時発 有機野菜の会 | トップページ | 蓮の涙がおちるとき »

コメント

瀬戸内海。うーん、初めて四国に出張したとき。松山空港に降りる旋回中の飛行機から、穏やかな海と、そこに浮かぶ漁船の姿が今も心に残っています。昔は携帯電話も持っていなければデジカメもなく、残っているのは心のシャッターで写した残像ですね。

混浴には、ちょっと狭そう。だナ。

投稿: norisan | 2007年5月 2日 (水) 12:55

心のシャッターがおりることが一番大切で
いつまでも褪せない素敵なたからものだと思います。

透明な瀬戸内海はとても優しい碧色でした。
あの海を写す技術がなくて、わたしも心のシャッター、たくさんきってきましたっ☆

投稿: marie | 2007年5月 4日 (金) 11:01

モノクロで撮ってみるのも、一つの試みとしてはよいかもしれませんね。デジタル処理でモノクロにするんじゃなくて、できればアナログのモノクロフィルムで光を感じてみる。この場合は、デジタルと併用で。なにせ時間は戻せないし、その一瞬は、その瞬間しかないですものね。って同時にシャッターきれないだろう!って、そのとおりでございます。

投稿: norisan | 2007年5月 8日 (火) 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177086/14631511

この記事へのトラックバック一覧です: 地中美術館→ベネッセハウス(@直島):

« 23時発 有機野菜の会 | トップページ | 蓮の涙がおちるとき »