水無月 (水辺の葦)

水辺の葦

六月に入ると単衣の季節。
最近は暑くなるのも早くて、5月下旬から単衣を着始めると思います。
でも六 月は梅雨の季節、かえって肌寒くなったりとスッキリしません。


1


そんな気分を 吹き飛ばす、粋でさわやかなコーデがいいなあ…そう思ってる矢先、見つけたのがこの鳥の単帯。

キラキラ光る水面を思わせる銀糸混じりの多色織に海老茶の葦の葉、そして何とも愛嬌のある鷺たち。 一目惚れ 
迷わずこの帯を主役にしたコーデに決定。

この帯をより引き立ててくれる、運命の着物を… がんばって探し出しましたよ!

着物だけ見れば特に季節感の無い、ちょっとモダンな幾何学模様の単衣銘仙。

でもね、帯と組み合わせれば見えてきませんか?

     小さなさざ波が!

水面(みなも)がキラキラ、そこにそよぐ葦

とっても涼し気になったでしょう?


クリックで大きな画像を表示



アンティーク着物の組み合わせって、これだから楽しくてやめられないw
半襟は色柄より絽の白襟の方が全体が引き締まる。

長襦袢は透けない単衣の下なのでレース袖のうそつきでも涼しく楽ちん。
袖丈や裄を気にしないで着る事ができてサイズの違う着物の着回しに便利!
帯はお太鼓でもいいけれど、こんなコーデの時は角出しにした方が雰囲気ぴったり、
足下も草履より右近下駄が吉かな。モダンな夏の組み合わせをどうぞ。


クリックで大きな画像を表示

鳥尽くし

今回は一つの帯に違う着物を合わせてみました。


Tori

同じ水面模様でもこっちの染め紬の方がぐっと粋。

お色も藍と黄土色で渋い。先程の銘仙は織模様でモダン、こちらの紬は染め模様で小粋、同じテーマなのに印象が違うのが面白いw

実はこっちのコーデ、隠しテーマが「鳥尽くし」。
小物類は着物より一足先に夏支度、帯揚げは絽地の赤い波に飛ぶ青千鳥、
帯締めは黒紗地の丸ぐけ、ツバ メ柄です。


Tori2_2


こんな風にこっそり隠しテーマを作っておでかけも楽しいものですね!


********************


今回の水無月コーデは、いかがでしたでしょうか。
着物と帯をセットで、下記お値段でお譲りいたします。

帯+着物1着(お好み)    14,000円
帯+着物2着全ておもとめ  18,000円

ご興味ある方は info@a-yarn.com まで。

 上記すべてお嫁入りが決定いたしました。

 
*******  詳   細  ******* 


● 黒地幾何学模様 単衣着物 銘仙


Asiasi


身丈 143cm 裄丈 60cm(見頃側3、袖側4.5出せます) 袖丈 65cm
・生地の感じから5月下旬~6月向き
・ハリのあるしっかりした生地で、生地に銘仙の記載ありますがお召のような手触り
・限りなく黒に近いですが光の加減によっては赤味の茄子紺にも見えます
・濃い地に染めむらのような保管時のヤケのような極々薄い色むらがあるよう
ですがほとんど気にならない程度です
・目立った染みや汚れの無い、状態の良い品です
・身丈が短めなので、コーデ画像の様に対丈風に楽しむのがお薦めです
 その場合、大体身長160cm前後の方まで大丈夫と思われますが自己責任でお願いします。


● 藍色染め着物 素材不明(ウール混?)


Toritori


身丈 155cm 裄丈 64cm 袖丈 45cm 
・生地の感じから5月初旬~6月初旬向き
・やや厚手の張りのある単衣紬(冬物の様に厚ぼったくはありません)
・素材不明、手触りからウール混の生地かもしれません
・これといって難のない、状態の良い美品です


● 鳥柄全通八寸単帯 正絹


Asiback


長さ 406cm 幅 30.5cm
・正絹(金銀糸を除く)全通柄 長さはたっぷりあります
・前帯の折れ跡の線と小汚れ(目立ちません)
・時代のヤケやくすみ等ありますが、致命的なダメージは無く状態は良



掲載日:2008年6月 2日 (月)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月 (水辺の葦):

コメント

コメントを書く






yarn