【切り紙の会】 講師 矢口加奈子さんについて



▲ 【2008秋 切り紙の会】 Index に戻る ▲



庵主 毬詠/marie です。   矢口さんの経歴や今までのお仕事等は こちら で。

私の言葉で矢口さんをご紹介していきますね。


              ●


矢口さんと出会わなかったら、野庵はない。
それぐらい、立ち上げの原動力になったアーティスト。

嘘や小細工が嫌いで(面倒くさいで一蹴)、自分の言葉でしっかり眼を見て話す。
家族をとても大切に、自分の周りの人をとても大事にするあたたかい女性。

作品に色に反映し、そこに澱みがないからこそ、人は惹きつけられ魅入られるんだと思う。


03


愛猫を喪った日に矢口さんとの打ち合わせがあって。
時間をかえてもらおうと電話したら、声が震えて涙がとまらなくなった。
「毬詠さん、だいじょうぶ?泣かないでー。」 と慰めてもらったとき。


「日本の大多数のアーティストは時給¥300で頑張ってるんですよっ。」
好きなことを仕事にする、楽しいことばかりじゃない。 見せないだけ。
作り続けていくことの大変さを目の当たりにしたとき。


だから、そんなアーティストを、作品を、応援したくて野庵をつくった。
たくさんの人に知ってもらうために。

そんなこんなで今回のワークショップ開催にいたりました。
人間味溢れる矢口さんと一緒に、自分のヨロコビノカタチ見つけてみませんか。

(私もアシスタントでちょこまかしてますっ。)




▲ 【2008秋 切り紙の会】 Index に戻る ▲



掲載日:2007年10月 5日 (金)

yarn